2022年04月


SPY×FAMILY』(スパイファミリー)は、遠藤達哉による日本の漫画。『少年ジャンプ+』(集英社、以下『J+』)2019年3月25日より隔週月曜更新で連載中。 遠藤にとって3作目の連載作品。赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、「家族としての普通の日常」を送
63キロバイト (8,008 語) - 2022年4月28日 (木) 00:13

1 風吹けば名無し :2022/04/30(土) 13:37:24.46

10年に一度来るかの作品だろこれ


【【速報】アニメ「SPY×FAMILY」あまりにも面白すぎるwwwwwwwww】の続きを読む


“ラスカルのマンホール蓋が多摩市聖蹟桜ヶ丘駅周辺に登場!|ニュース&イベント|あらいぐまラスカル公式サイト”. 日本アニメーション (2018年2月7日). 2019年9月9日閲覧。 ^ “スケボー西矢椛の「ラスカル」、あらいぐまだった 制作会社「驚き」”. 朝日新聞デジタル (2021年7月27日).
54キロバイト (6,826 語) - 2022年4月3日 (日) 11:03

1 ちびっ子(神奈川県) [ES] :2022/04/30(土) 13:35:15.85


■『あらいぐまラスカル』がYouTubeにて全話無料で公開。自然の美しさや動物を飼うことの難しさ、主人公・スターリング少年とラスカルの成長を描く

 日本アニメーション株式会社の公式YouTubeチャンネル「日本アニメーション・シアター」は4月28日(木)より、

『あらいぐまラスカル』の放送45周年を記念して全52話を無料で公開する。

 『あらいぐまラスカル』は、1977年に「世界名作劇場」シリーズの3作目として放送された作品で、2022年1月に放送45周年を迎えた。

 アメリカ・ウィスコンシン州の小さな町・ブレールスフォードを舞台に、主人公・スターリング少年とあらいぐまのラスカルがともに過ごす1年間の中でのラスカルの成長、
人間社会で動物を飼うことの難しさなどが描かれる。

 また、本作は著者であるスターリング・ノースが実際に体験した出来事を記した『はるかなるわがラスカル』を原作としており、

作品の中では自然や動物への愛情や当時のアメリカの様子が存分に描かれている。

 同YouTubeチャンネルでは、『フランダースの犬』や『赤毛のアン』、『未来少年コナン』などを一部配信中。

なお、『あらいぐまラスカル』の全話無料配信は6月30日(木)までの期間限定となっている。

https://news.livedoor.com/article/detail/22086948/

(出典 image.news.livedoor.com)


【【朗報】『あらいぐまラスカル』 YouTubeにて無料で配信】の続きを読む


Nintendo Switch (ニンテンドースイッチからのリダイレクト)
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は、任天堂が開発して2017年に発売した家庭用ゲーム機。日本でのキャッチコピーは、「カタチを変えてどこへでも」「いつでも、どこでも、誰とでも」(本体パッケージには「play anytime, anywhere, with anyone.」と英語で表記されている)。
126キロバイト (11,081 語) - 2022年4月22日 (金) 20:19

【【朗報】スイッチに色が選べるカスタマイズモデルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む


星のカービィシリーズ > 星のカービィシリーズの登場キャラクター一覧 > カービィ カービィ(Kirby)は、任天堂とハル研究所のゲームソフト『星のカービィ』シリーズ、および関連作品の主人公として登場する架空のキャラクターである。 ピンクで小さく丸い姿をしている。漫画ではピンク玉と呼ばれている。身長
116キロバイト (17,509 語) - 2022年4月27日 (水) 04:33

1 風吹けば名無し :2022/04/30(土) 09:51:17.30

カービィは若いアメリカ人から愛されてる模様


【【悲報】カービィvsなんJ民、無事カービィの勝利で勝負が決まるwwywwywwywwywwyw】の続きを読む


セブン&アイ・ホールディングス > セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパンは、日本のコンビニエンスストアチェーン。セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社で、日本のコンビニエンスストアとしては最大手。チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している。
154キロバイト (21,165 語) - 2022年4月28日 (木) 11:57

【【悲報】セブンイレブン、野生の巨大熊が入店してくるもまんさんが叫び声で撃退】の続きを読む

このページのトップヘ