社畜ゲーマー速報

話題のゲーム、アニメ、漫画などに関する5chやTwitterの声をまとめています。

テレビ


Mステ』(エムステ)、『Mステーション』(エムステーション)。過去には『MS』(エムエス)という通称名もあった。 本項目では、本番組直前に生放送されていたミニ番組『ミニステ』についても扱う。 1985年(昭和60年)10月7日に開始した『ニュースステ
372キロバイト (52,199 語) - 2022年6月29日 (水) 16:39

1 名無し募集中。。。 :2022/06/30(木) 17:01:00.02
音楽番組の視聴率がさえない。
6月17日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日)は世帯4.5%(個人2.9%)。だが、もしも出演したら視聴率の大幅アップが確実視されるアーチストがいる。2017年12月のディナーショーを最後に活動休止中の中森明菜(56)だ。明菜は今、どうしているのだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a480b84660dea37e881da742b8461d750a3e407d

【【悲報】Mステ視聴率4.5% 音楽番組、誰も見ない……なぜなのか】の続きを読む


土曜プレミアム > IPPONグランプリIPPONグランプリ』(イッポン・グランプリ、英: IPPON GRAND PRIX)は、フジテレビ系列で2009年から不定期に(概ね年2回ペース)放送されている大喜利バラエティ番組、および同番組内で開催されている大喜利大会である。第38回放送文化基金賞
79キロバイト (5,901 語) - 2022年6月25日 (土) 22:34

1 ジョーカーマン ★ :2022/06/26(日) 07:16:54.01
フジテレビ系「まっちゃんねる」が25日、放送され、「IPPON女子グランプリ」に出演したNMB48の渋谷凪咲が放った解答「尻モギ」が、ツイッター上の急上昇ワードを示す「リアルタイム検索」でランクインした。

芸人大喜利王決定戦「IPPONグランプリ」の女性版を開催。
ハリセンボン箕輪はるかや3時のヒロイン福田麻貴ら女性芸人4人が競った第1部に続いて放送されたのが、タレント編。
渋谷のほか、王林、神田愛花、滝沢カレンが出場した。

最初のお題は「壁ドン以上のキュンキュンを教えて下さい」。
真っ先に押した渋谷の解答が「尻モギ」。
手でお尻をもぎるアクション付きで披露した答えは爆笑を集め、見事に1本を獲得した。
スタジオで解説した松本人志も「やるなぁ」と感心。麒麟・川島明も「ルールが分かっている」とリスペクトを示した。

ツイッター上でも「尻モギが忘れられん」「個人的MVPは尻モギ」「一番凄いと思った」「尻モギのインパクトが強すぎて」「流行語いける」「いちばんえぐい答え」「最高に笑えた」と絶賛の声が上がった。

渋谷はインスタグラムでは、同グランプリの招待状が届いて喜ぶ様子をつづっていた。

http://news.yahoo.co.jp/articles/1f7c7ba35a88dfe14ad760afb3b98d1b357b5ce5

「ダウンタウン」松本人志がMCを務めるフジテレビ系特番「まっちゃんねる」が25日に放送され、大喜利の新企画「IPPON女子グランプリ」を開催。
“本命候補”だったNMB48・渋谷凪咲らが参戦した「女性タレント版」では、モデルでタレントの滝沢カレンが優勝した。

http://news.yahoo.co.jp/articles/4fe41bae2c314eaf092ed1b2d57104da52b6e8fa

NMB48渋谷凪咲)の大喜利解答「尻モギ」にネット爆笑! 「IPPON女子グランプリ」
http://video.twimg.com/ext_tw_video/1540682405811744773/pu/vid/1280x720/-Rw9yLLSQxNhaGKh.mp4

松本人志も感心 「大喜利アイドル」渋谷凪咲

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


NMB48 渋谷凪咲

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

【【IPPON女子グランプリ 】NMB48渋谷凪咲(25)の大喜利解答「尻モギ」に大爆笑!「個人的MVP」絶賛の声殺到 松本人志も感心「やるなぁ」】の続きを読む


ウェイバックマシン(2020年5月21日アーカイブ分) TBSによる番組公式サイト。上記の問題に対して「番組終了のお知らせ」と、「ご報告とお詫び」の書面に差し替えられている。 クレイジージャーニー クレイジージャーニー (@Crazy_Journey) - Twitter クレージージャーニー | Paravi
71キロバイト (4,333 語) - 2022年6月23日 (木) 08:42

1 風吹けば名無し :2022/06/23(木) 10:06:57 ID:R5YbeTBlM.net
またせたな😁🙌

【【朗報】クレイジージャーニー10月から復活へ!!】の続きを読む


M-1グランプリ』(エムワングランプリ)は、吉本興業と朝日放送テレビ(ABCテレビ)が主催する日本一の若手漫才師を決める大会である。通称『M-1』。2001年から始まり2010年に一度終了したが、2015年から復活し毎年12月に開催されている。番組は朝日放送テレビ(ABCテレビ)が制作し、ABCテ
364キロバイト (32,693 語) - 2022年6月17日 (金) 04:33

1 それでも動く名無し :2022/06/19(日) 10:53:42
今でも世間に定着してる芸人はたったこれだけ

2001年 中川家
2002年 ■■■■■■
2003年 ■■■■■■■■■
2004年 アンタッチャブル
2005年 ■■■■■■■■■
2006年 ■■■■■■■
2007年 サンドウィッチマン
2008年 ■■■ ■■■■■
2009年 ■■■■■■■
2010年 ■■■
2015年 ■■■■■■■■■■
2016年 ■■■■
2017年 ■■■■■■
2018年 霜降り明星
2019年 ■■■■■■
2020年 ■■■■■■■■
2021年 錦鯉

【【爆笑】M-1グランプリ、一発屋製造大会だったwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


『はじめてのおつかい』は、日本テレビ系列で1991年から不定期に放送されているバラエティ番組。幼い子供が「おつかい」に初めて出かける様子を、テレビクルーが隠れて撮影する。2022年5月時点で合計74回放送され、30年以上続く長寿番組となっている。 2000年からアジア、ヨーロッパ諸国に番組販売や現
30キロバイト (4,299 語) - 2022年6月11日 (土) 01:12

1 ギズモ ★ :2022/06/16(木) 06:46:57.87

(出典 image.itmedia.co.jp)


(出典 pctr.c.yimg.jp)

息子さんの思いがつまったレシートに感動

7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220615-00000053-it_nlab-life

 当時7歳だった息子が行った、初めてのおつかい。ママへの思いがつまったレシートがTwitterに投稿され、記事執筆時点で11万1000件以上の「いいね」を集めています。投稿には「何て優しい子なんだ」「泣ける」などのコメントが寄せられています。

 投稿者は、Twitterユーザーの残業キライ子ちゃんさん。「これ、普通のレシートじゃない」というコメントとともにレシートの写真を投稿しました。

 5年ほど前、7歳の息子さんに1000円を渡して初めてのおつかいを頼んだ投稿者さん。おつかいでお願いしたものを買ってお金が余ったら、「好きなの買っておいで」と声をかけたそうです。

 しかし、息子が買ってきたのは投稿者さんの好きなものばかり。レシートを見ると息子さんが欲しかったであろう89円のアイスが返品され、マイナスになっていました。

 息子さんは、会計前に1000円ぴったりになるよう“足し算”して商品を選んでいたのですが、レジで計算したところ消費税がプラスされたため1000円をオーバーしてしまったのです。ママが好きな75円の炭酸水を返品すれば税込999円で収まるところ、息子さんは自分が欲しかった89円のアイスを返品。

 「好きなの買っておいで」といわれたのにもかかわらず、ママの好きなものを優先して買い物した息子さん。レジ前で考え、悩む姿を想像するだけで涙腺が緩みますね……!

 けなげで優しい息子さんに「なんてすげぇレシートなんだ……これぞ家宝」「優しい息子ちゃんだな……(涙)」「レシート一枚で泣かされた」「こんな事されたらママたまらないよ」などのコメントが寄せられています。投稿者さんも「想像しただけで泣けるの」と添えていました。息子の思いがつまったレシートは、きっと一生の宝物になりますね。

画像提供:残業キライ子ちゃん(@monami*30)さん

【【11万イイネ】「韓国のり」「いか燻製」「生かつお」…7歳息子の初めてのおつかいのレシート、よく見ると… ママへの愛に「泣ける」の声】の続きを読む

このページのトップヘ