架空戦記(かくうせんき)は、小説、漫画等の戦記の一ジャンルである。仮想戦記(かそうせんき)もしくはIF戦記(イフせんき)、バーチャル戦記(-せんき)などとも呼ばれる。 基本的に過去の戦争に関連した歴史や、その転換点となった戦いの推移・結果が史実と異なっていたらどうなっていたであろうか、という架空の歴
47キロバイト (7,274 語) - 2021年9月26日 (日) 07:51



1 名無しさん必死だな :2021/11/10(水) 20:48:55.34

中国を侮辱した疑いでBilibiliから降ろされた境界線でのメカアニメAMAIM戦士
このシリーズは、中国に触発された悪役の描写のために削除されました
//www.gamerbraves.com/mecha-anime-amaim-warrior-at-the-borderline-taken-down-from-bilibili-for-allegedly-insulting-china/

ボーダーラインまたはでAMAIM戦士Kyoukai戦記は日本が主権を失ってしまったし、四大貿易派閥によって制御され、
押され、将来的に行われているメカアニメです。主人公の椎葉あもうは、日本を取り戻して解放するために、AMAIMと
呼ばれるメカを操縦しなければなりません。

境界戦機が中国で撃墜された理由は、エピソード5で、主人公が「アジア軍」と呼ばれる派閥の1つと対戦するためです。
アジア軍は、人身売買で日本人を抑圧し、市民を失踪させていることが示されています。このエピソードでは、彼らは
日本の主人公によって救われる前に、銃殺隊を介して日本の抗議者のグループを多かれ少なかれそれのサディス
ティックな楽しみのために処刑しようとします。

私が見たところ、グループは確かに漫画のように邪悪なものとして組み立てられており、そのうちの1人は、ある種の
ゴブリンのようにとがった耳を持っています。

アジア陸軍の制服と車両は赤で着色され、繁体字中国語の服を模して成形され、簡体字の漢字が使用されています。
その結果、一部の中国のネチズンは、シリーズがこれらの悪役のキャラクターを通じて中国人を侮辱していると信じ
ています。多くのネチズンは、アジア軍が*たと描写されている犯罪の多くが第二次世界大戦中に日本帝国陸軍
によって中国国民に与えられたという事実に特に腹を立てています。


【【悲報】バンダイナムコの大作ロボットアニメ『境界戦記』中国を侮辱してるとの理由でビリビリ配信停止】の続きを読む