社畜ゲーマー速報

話題のゲーム、アニメ、漫画などに関する5chやTwitterの声をまとめています。

メイドインアビス


メイドインアビス』(MADE IN ABYSS)は、つくしあきひとによる日本のファンタジー漫画。既竹書房のウェブコミック配信サイトである『WEBコミックガンマ』にて2012年より年間2回程度の不定期連載である。掲載ページでは単行本に収録されていない最新話とアンコール掲載(2018年7月現在、1話か
82キロバイト (12,375 語) - 2022年3月27日 (日) 12:59

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/10(日) 10:59:14.29

2022年4月10日
まいじつ

スイッチのグラフィックはPS3レベル? ゲーム『メイドインアビス』のトレーラーに失望

人気コミックを原作としたゲーム『メイドインアビス 闇を目指した連星』の発売時期が、2022年秋になることが決定。あわせてアナウンストレーラーの映像も公開されたのだが、その3Dグラフィックを見て不安に駆られるファンが続出している。


3DCGのクオリティーが一昔前

「メイドインアビス」は、かわいらしいキャラクターとシビアな世界観が特徴的なダークファンタジー。「アビス」という大穴に挑むリコやレグの冒険が、多くのファンを魅了している。

そんな同作のゲーム化作品である「メイドインアビス 闇を目指した連星」は、「度し難いアクションRPG」というジャンル。トレーラー映像では、実際のゲームプレイ画面などが公開されている。


しかしトレーラーを見た一部のファンからは、《あのCGのクオリティーで発売したらファン激怒ですよ DS時代みたい》《メイドインアビスのゲームCGが今ひとつって感じ》《発表された時に嫌な予感してたけどCGがほんとにダサい。PS3のゲームか?》《なんかCGがめっちゃのっぺりしてね?》と不満げな声が上がっている。

「スイッチ」に合わせたグラフィック?

とくにクオリティー不足が指摘されているのは、CGで描かれた背景。やはり「メイドインアビス」という作品は、理不尽でありながら美しい人類最後の秘境「アビス」の造形が大きな魅力。深層に進むにつれて姿を変えていく「アビス」の環境が、ゲームとしてどのように再現されるのか…。楽しみにしていた原作ファンも多かったことだろう。

ところがトレーラーを見たかぎりでは、木や草といった自然物の質感が、若干チープに感じられてしまう。同作は『ニンテンドースイッチ』でも発売されるため、グラフィックの品質をそのハード性能に合わせる必要があったのかもしれない。

有名な話だが、「ニンテンドースイッチ」は『PS4』などと比べてスペック不足が指摘されてきた。両方のハードで同じゲームが発売される場合、「ニンテンドースイッチ」版のみフレームレート(fps)が低くなることも多い。

そんなハードの問題が不安となる「メイドインアビス 闇を目指した連星」だが、もちろん高く評価されている部分もある。18歳以上のみ対象の『CERO:Z』となっており、原作のショッキングなシーンをしっかり再現しているようだ。

まだ明らかになっていない情報も多いが、ここから原作ファンを安堵させてくれることを期待しよう。

https://myjitsu.jp/enta/archives/102657


(出典 Youtube)


【【ゲーム】スイッチのグラフィックはPS3レベル? ゲーム『メイドインアビス』のトレーラーに失望】の続きを読む


メイドインアビス』(MADE IN ABYSS)は、つくしあきひとによる日本のファンタジー漫画。既竹書房のウェブコミック配信サイトである『WEBコミックガンマ』にて2012年より年間2回程度の不定期連載である。掲載ページでは単行本に収録されていない最新話とアンコール掲載(2018年7月現在、1話か
82キロバイト (12,375 語) - 2022年3月27日 (日) 12:59

1 風吹けば名無し :2022/04/08(金) 16:04:22.67 ID:02sA3N3D0.net

クソ面白くて1日で全話見ちゃったやんけ!
ただ、5層からは精神的にきつかった...


【メイドインアビスとかいうアニメさぁ...】の続きを読む


メイドインアビス』(MADE IN ABYSS)は、つくしあきひとによる日本のファンタジー漫画。既竹書房のウェブコミック配信サイトである『WEBコミックガンマ』にて年間2回程度の不定期連載である。掲載ページでは単行本に収録されていない最新話とアンコール掲載(2018年7月現在、1話から4話まで常時
81キロバイト (12,469 語) - 2021年11月25日 (木) 07:40



1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/12/03(金) 20:37:33.938

よく見たら

ラピス・リ・アビス




なんやこれ…


【【ゲーム】「おっ!メイドインアビスのゲーム1000円で売ってるじゃん!買ったろ!」】の続きを読む


 テレビアニメメイドインアビス』の続編となる第2期『メイドインアビス烈日の黄金郷』(2022年放送)のPV第1弾、キービジュアル、新規キャストが公開された。

【動画】キャラボイスも解禁!公開された『メイドインアビス』2期のPV

 新規キャストは、ファプタ役を久野美咲ヴエコ役を寺崎裕香、ワズキャン役を平田広明、ベラフ役を斎賀みつきが担当する。

 同作は、つくしあきひと氏のファンタジー漫画が原作。奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っているという秘境の大穴“アビス”。母にあこがれ、アビスの探窟家になることを夢みている孤児のリコは、ある日アビスで少年の姿をしたロボットを拾う…というストーリーテレビアニメ2017年に放送され、劇場版も公開されている。

「メイドインアビス 烈日の黄金郷」のキービジュアル


(出典 news.nicovideo.jp)

メイドインアビス』(MADE IN ABYSS)は、つくしあきひとによる日本のファンタジー漫画。既竹書房のウェブコミック配信サイトである『WEBコミックガンマ』にて年間2回程度の不定期連載である。掲載ページでは単行本に収録されていない最新話とアンコール掲載(2018年7月現在、1話から4話まで常時
81キロバイト (12,455 語) - 2021年11月21日 (日) 07:47



<このニュースへのネットの反応>

【【アニメ】『メイドインアビス』2期のPV解禁 新キャストに久野美咲、寺崎裕香、平田広明、斎賀みつき】の続きを読む

このページのトップヘ