小林さんちのメイドラゴン』(こばやしさんちのメイドラゴン、Miss Kobayashi’s Dragon Maid)は、クール教信者による日本の漫画、またそれを原作とするテレビアニメ。『月刊アクション』(双葉社)において、2013年7月号(創刊号)から連載中。 スピンオフ作品として、木村光博作画の『小林さんちのメイドラゴン
165キロバイト (23,557 語) - 2021年12月14日 (火) 15:00



1 (帝国中央都市) [JP] :2021/12/19(日) 17:24:29.88


テレビアニメ『小林さんちのメイドラゴンS』が中国で配信開始となったが、登場キャラクターの胸が超絶ナーフ(弱体化)されたとして注目を集めているようだ。

中国の動画配信最大手Bilibiliが『小林さんちのメイドラゴンS』の配信を開始した。

しかし性的描写を避けるため多くの規制が入ったことが判明。特に目立つのは女性キャラの胸元だ。大きな胸は小さく描き直されたり、またはエフェクトで覆い隠されるなどされた。

中国最大のSNS「Weibo」にはファンから悲しむ声が多く寄せられている。

<海外の反応>

これは酷いwwwww

政府のせいでこんな・・中国人のファンが不憫だわ・・

谷間を隠すのに定評がある中国さんwww

中国人は小さい子供が好きなの?笑

中国にアニメは早い

もはや中国でアニメを公開する意味あるのかね?あらゆるメディアが超絶規制される上に、ふざけた法律に従わないといけないとかさ

これで何の意味があるのかさっぱり分かんね
http://yurukuyaru.com/archives/87391082.html

画像

(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


【【炎上】アニメ『小林さんちのメイドラゴンS』の表現規制がヤバイと炎上www】の続きを読む