のだめカンタービレ』 (Nodame Cantabile) は、二ノ宮知子による日本漫画作品。またはそれを原作としたテレビドラマ・テレビアニメ・実写映画など作品。女性漫画誌『Kiss』(講談社)にて2001年から2010年まで連載された。クラシック音楽をテーマとしている。略称は「のだめ」。
111キロバイト (12,397 語) - 2022年2月10日 (木) 04:55



1 鉄チーズ烏 ★ :2022/02/24(木) 19:14:52.54

https://www.j-cast.com/2022/02/24431654.html

(出典 www.j-cast.com)


漫画家の二ノ宮知子さんが2022年2月23日、自身の手がけた「のだめカンタービレ」について、新装版で一部の描写を修正していることをツイッターで明かした。

「のだめ」は漫画誌「Kiss」で2001年から2010年まで連載。新装版のコミックスは、2021年9月から毎月1巻のペースで刊行されている。

■「ふふふ。地味に色々変わっているのですよ」

二ノ宮さんは今回のツイートで、読者の「今気づいた!!変わってる!」との投稿を引用して紹介した。

そのツイートは、新装版と元のコミックスで、劇中で有名な男性指揮者のシュトレーゼマンが、ヒロイン・のだめに抱きつくシーンを比較したもの。元のコミックスは両手でのだめの胸を掴んでいるが、新装版では肩を抱く描写に修正されている。

こうした変化を指摘したツイートに、二ノ宮さんは「ふふふ。地味に色々変わっているのですよ」と反応。続く投稿では、「久々に見たら、自分が引いたので、ちょっと直しましたよ。今のわたしの感覚で同等かな」「コンプラとかじゃないです」などと説明している。

このツイートについて、フォロワーから「後世の残るものだからこそアップデートされていくことが重要だなと感じました」との反応が寄せられると、これに二ノ宮さんは「そうですね。単に自分が引くようなものを出すのは嫌なので」と返していた。


(出典 pbs.twimg.com)


【【漫画】「のだめカンタービレ」新装版で「セクハラ描写」修正 作者が明かす「久々に見たら自分が引いたので...」】の続きを読む