グランツーリスモ


グランツーリスモ7』(GRAN TURISMO 7、GT7)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2022年3月4日に発売されたレースゲーム。グランツーリスモシリーズのひとつ。25年間続いたシリーズの集大成といえるもので、グランツーリスモモードがワールドマップ(キャンペーンモード)として復活した。
13キロバイト (1,206 語) - 2022年4月12日 (火) 09:17

1 名無しさん必死だな :2022/04/18(月) 10:38:50.58

グランツーリスモ7はPS5用ソフトとして最悪で、ソニー最大の失敗作である
https://metro.co.uk/2022/04/17/gran-turismo-7-is-the-worst-ps5-exclusive-and-sonys-biggest-mistake-16481389/

グランツーリスモ7の問題の中心は、根本的に古臭いゲームであることだ。ポリフォニーデジタルがこの手のゲームを作るのが遅いせいかもしれないが、
グラフィックや物理シミュレーションはいいとして、ゲームの構成やスタイルはせいぜいPS3世代で止まっているように思える。

ゲーム内のカフェにいるおしゃべりなキャラクターが、レースの合間にテキストのみで話しかけてくるのは2022年の最新ゲーム機ではなくPS1世代のように思える。
内容は充実しているが新しいアイデアがなく、正直、数日で興味を失ってしまった。他の多くの高品質なソニーの独占タイトルとは全く対照的だ。

私の主観的な意見ではなく、常時オンライン化、マイクロトランザクションへの対応は大きな問題だと思う。
まず第一に、これらは決して入ってはならないものだった。この問題は以前にもあったが結果は非常に明確で、それを繰り返すのはまさに無能としか言いようがない。

70ポンドもするゲームにマイクロトランザクションが存在すること自体あらゆる面で嫌悪感を覚えるが、さらにゲーム内通貨を意図的に稼ぎにくくするパッチをリリースし、
「犬に宿題を食べられた」という泣き言以来の最悪の言い訳を添えてきたことは、まったくもって情けない限りである。

グランツーリスモ7は退屈で野心的でない続編だが、できるだけ多くのコンテンツを詰め込めばどれだけ面白みに欠けているかに人々が気づかないと考えている開発陣は
時代に取り残され感覚がズレてきているのかもしれない。すでに何年も音沙汰のない「Forza Motorsport」もそうなっているようだ。

もっと大きな問題は、ファンによって変更を余儀なくされるまで、ソニーは70ポンドのゲームで小銭稼ぎをすることが完全に合理的であると考えていたことだ。
この姿勢が他のゲームでも続けばソニーは深刻な問題に直面することになる。
なぜならマネーを必要としていないマイクロソフトは、ソニーの印象を悪くするためにわざと似たような機能を避けることが分かっているからだ。

グランツーリスモ7は現在最もライブサービスに近いゲームだが、今後ソニーのゲームの大半がこの方式になることを望んでいるのだろうか?
そうは思わないが、もし彼らがグランツーリスモ7の失敗から正しい教訓を学ばなければ私は最悪の事態になることを恐れている。


【【ゲーム】海外メディア 「グランツーリスモ7はPS5用ソフトとして最悪でソニー最大の失敗作」】の続きを読む


グランツーリスモ7 (GT7からのリダイレクト)
『グランツーリスモ7』(GRAN TURISMO 7、GT7)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2022年3月4日に発売されたレースゲーム。グランツーリスモシリーズのひとつ。25年間続いたシリーズの集大成といえるもので、グランツーリスモモードがワールドマップ(キャンペーンモード)として復活した。
13キロバイト (1,206 語) - 2022年4月12日 (火) 09:17

1 名無しさん必死だな :2022/04/09(土) 10:49:04.00


(出典 i.imgur.com)


期限前や貰ったばかりの招待状が消えて
*ーリやランボルギーニを買う権利を失ってかわいそう


【【悲報】GT7さん、高額な高級車を「買う権利」の招待状が消えるバグでユーザー阿鼻叫喚】の続きを読む


グランツーリスモ7 (GT7からのリダイレクト)
『グランツーリスモ7』(GRAN TURISMO 7、GT7)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2022年3月4日に発売されたレースゲーム。グランツーリスモシリーズのひとつ。内容は25年間続いたシリーズの集大成で、グランツーリスモモードがキャンペーンモード(ワールドマップ)として復活した。
12キロバイト (1,070 語) - 2022年4月3日 (日) 04:43

1 名無しさん必死だな :2022/04/06(水) 10:15:55.36


(出典 i.imgur.com)


無課金勢はまだ20億以上持てないので買った瞬間一文無しに


【【悲報】GT7さん、遂に20億のレジェンドカー(課金額:22000円)を登場させてしまう】の続きを読む


グランツーリスモ7』(GRAN TURISMO 7、GT7)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2022年3月4日に発売されたレースゲーム。グランツーリスモシリーズのひとつ。内容は25年間続いたシリーズの集大成で、グランツーリスモモードがキャンペーンモード(ワールドマップ)として復活した。
12キロバイト (1,032 語) - 2022年3月26日 (土) 00:37

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/27(日) 15:43:53.78

2022年3月27日
まいじつ

『グランツーリスモ7』大炎上! ソシャゲ仕様に怒り心頭「ただの集金装置」「正気か?」

3月4日に『ソニー・インタラクティブエンタテインメント』から発売されたレースゲーム『グランツーリスモ7』。世界中にコアなファンがいる人気シリーズだが、現在は“ソシャゲ化”したことによって炎上騒ぎとなっている。


課金ありきの仕様にユーザー激怒!

「グランツーリスモ」シリーズは、動画と見間違えるほどの圧倒的なグラフィックや、レーサーのような没入感を楽しめるレースゲーム。最新作は初の「PlayStation 5」対応ソフトとして、大きな注目を集めていた。

しかし3月18日に実施されたアップデートによって、「レース報酬が減額される」という改悪が行われることに。結果としてプレイヤーへの“課金圧”が高まってしまい、激しい賛否両論を招いている。

もともとゲーム内で車種を購入するには、ゲーム内通貨が必要だった。その値段は高級車ほど高く設定されており、たとえばベンツのような車種は3億クレジット程度。そしてゲーム内通貨は課金することで手に入り、2億クレジットは2200円といった相場だ。

その一方で、ゲーム内通貨はレースイベントの賞金としても獲得可能。課金したくないプレイヤーは、せこせことレースに出走して賞金を稼ぐ仕組みとなっている。

ただでさえ課金前提の仕組みがヘイトを買っていた上、「レース報酬の減額」という“嫌がらせ”が続いたことで、プレイヤーの不満が爆発。《これはゲームというよりただの集金装置だろ》《大前提として買い切りゲームで「課金」という単語が出てくること自体異常だということにいい加減気付いてください》《実勢価格とのリンクとか正気か? 現実で買えないものをゲームでも買えなくしてどうするんだよ》《レース報酬が少な過ぎてお金稼ぎが面倒なので早く改善して欲しい》と、国内外を問わず大炎上しているようだ。


間違った「リアル」の追求

では実際にアップデートによって、レース報酬はどれほど減額されたのだろうか。具体的に見てみると、「フィッシャーマンズ・ランチ」コースは650万から350万、「ハイスピードリンク」コースは650万から350万へと半減している。

「ポルシェ」は3億クレジットなので、購入するのに単純計算で「ハイスピードリンク」を約85回プレイしなければいけない。ゲーム内にはさらに高級な12億の「ジャガー」なども存在するので、想像するだけでも頭が痛くなる。

なお、今回のアップデートと共に「ユーザーの皆様へ」というお知らせを公開。それによると「課金なしでいろんな車とコースを楽しんでもらいたい」と謳いながら、車の価格設定は実勢価格とのリンクが不可欠であると綴られており、ファンを困惑させてしまったようだ。今後のアップデートにより、発展的に解決していくとされているので、なにかアイデアがあるのかもしれないが…。


アップデートの直後、「グランツーリスモ7」のユーザースコアは2.7まで急落、その後は1.9まで下がり、怒りのあまりディスクを叩き割るプレイヤーも現れていた。

この調子だとますますユーザー離れが加速しそうだが、起死回生の一手が打たれる日は来るのだろうか。

https://myjitsu.jp/enta/archives/102150
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648348869/


【【大炎上】グランツーリスモ7 ソシャゲ仕様に怒り心頭「ただの集金装置」「正気か?」】の続きを読む


グランツーリスモ7 (GT7からのリダイレクト)
『グランツーリスモ7』(GRAN TURISMO 7、GT7)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2022年3月4日に発売されたレースゲーム。グランツーリスモシリーズのひとつ。内容は25年間続いたシリーズの集大成で、グランツーリスモモードがキャンペーンモード(ワールドマップ)として復活した。
12キロバイト (1,032 語) - 2022年3月19日 (土) 12:16

1 名無しさん必死だな :2022/03/25(金) 17:23:24.72

https://blog.ja.playstation.com/2022/03/25/20220325-gt7/

「グランツーリスモ」プレイヤーの皆さんへ

いつも『グランツーリスモ7』へのサポートやご意見をいただき感謝しています。皆さんの声は私たちにしっかりと届いています。先週の長時間におよぶメンテナンスに加え、アップデートでは、事前に明確な説明をせずリワードデザインへの調整を加えるなど、皆さんに大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

このような事態が皆さんの期待する「グランツーリスモ」の体験ではないことを理解しており、お詫びとして今回影響のあった可能性のある方々に対して、無償ゲーム内クレジット1億クレジット分をお送りします(*)。こちらは皆さんのアカウントへまもなく反映されますので、4月25日(月)までにゲームにログインいただき、クレジットチケットを受け取ってください。


【【朗報】GT7、詫び石を配布する】の続きを読む

このページのトップヘ