社畜ゲーマー速報

話題のゲーム、アニメ、漫画などに関する5chやTwitterの声をまとめています。

ついに


ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
279キロバイト (35,615 語) - 2022年6月24日 (金) 00:12

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/19(日) 11:24:06.24 ID:CAP_USER9.net
2022年6月19日

『ONE PIECE』ヤマトの“男湯”入浴描写が物議! ついに反ポリコレ漫画から脱却?

欧米を中心として、表現の世界を変えつつある「ポリティカル・コレクトネス」の風潮。日本が世界に誇る大人気漫画『ONE PIECE』もその波に乗りつつあるようで、最新話で“LGBT配慮”のシーンが描かれた。作者・尾田栄一郎にどのような心境の変化があったのだろうか…。

トランスジェンダーに配慮した入浴シーン

話題となっているのは、6月13日発売の『週刊少年ジャンプ』28号に掲載された第1052話。「麦わらの一味」をはじめとする主要人物たちが入浴する場面が描かれたのだが、そこで驚きのシーンが。女性の体をもつヤマトが、男性キャラに紛れて男湯に入っていたのだ。

ヤマトは光月おでんに憧れるあまり、自身をおでんと同一視している人物。当初はカイドウから「息子」と呼ばれていたが、その後、女性キャラであったことが判明した。しかし性自認は男性なのか、胸元を隠す素振りもなく、平然と男湯を満喫している。

さらにその一方で、「赤鞘九人男」の1人である“お菊”こと菊の丞は、女湯に入っていた。菊の丞は、からだの性が男性なのだが、第948話において「心は女です」というセリフが。こちらもトランスジェンダーのキャラクターなのだろう。

ヤマトも菊の丞も“こころの性”によって入浴場所を決めており、かなり先進的なシーンだと言える。ネット上では、《この描写をワンピースで入れたことはスゴいと思う》《LGBTへの配慮かな。何だかイマドキ》《今の時代に刺さるメッセージを感じた》《尾田先生なりのトランスジェンダーの尊重というか表現の仕方がとても素晴らしい》と評価されていた。

とはいえ「ONE PIECE」はもともと先進的だったわけではなく、かつては時代錯誤な“反ポリコレ”的な描写によって批判を浴びていた。とくに物議を醸していたのが、ボン・クレーや「カマバッカ王国」にまつわる描写だろう…。

過去は“差別的”と批判されていたが…

ボン・クレーは「オカマ道(ウェイ)」を貫く個性的なキャラクターで、自ら「あちしはオ・カ・マッ」と“オカマ”を自称。この言葉は女性装の男性同性愛者などを指すものだが、現在では差別的な表現だと指摘されている。

また、サンジは修行編において、ニューカマー拳法の使い手があふれる「カマバッカ王国」に飛ばされていた。そこで色男のサンジが、無数の“オカマキャラ”によって追いかけられ、地獄の思いで逃げ惑うといった描写がある。

ギャグとはいえ、こうした表現を差別の助長と捉える人も多く、《カマバッカ王国はLGBTを侮辱する表現》などと指摘されてきた。そうした過去を思えば、入浴シーンのLGBT配慮は大きな変化と言えるだろう。

そもそも作中では、人種差別や奴隷制度など、さまざまな人間の暴力に切り込んできたが、なぜかセクシュアルマイノリティ絡みだけは無神経な描き方だった。尾田栄一郎はここにきて、より一層“やさしい”思想に目覚めつつあるのかもしれない。

https://myjitsu.jp/enta/archives/105277

【【漫画】『ONE PIECE』ヤマトの“男湯”入浴描写が物議! ついに反ポリコレ漫画から脱却?】の続きを読む


ibisMail(メールクライアント)※開発終了 ibisMail for iPhone ibisMail-G ibisPaint(ペイントソフト) ibisPaint(有償版) ibisPaint X(無償版) 名古屋本社(名古屋市中村区) 東京本社(東京都中央区) 大阪支社(大阪市東淀川区) ^ a
4キロバイト (318 語) - 2021年12月1日 (水) 13:40

1 風吹けば名無し :2022/06/30(木) 18:49:55.26
これは神すぎるやろ
メディバン勢ワイはこっち乗り換えるわ

ソース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000015594.html

【【朗報】大人気お絵描きアプリ「ibisPaint」、ついにWindows版をリリース】の続きを読む


PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation 4(PS4)の後継機として、2020年11月12日に日本や
44キロバイト (4,313 語) - 2022年6月22日 (水) 11:43

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/21(火) 13:03:02 ID:CAP_USER9.net
2022年6月20日

『PS5』ついに『Xbox』にも敗北!?“約束された神ゲー”参戦で「Xbox買うか…」

先日行われた『Xbox』のゲームイベントにて、世界中のゲームファンが期待する新作の情報などが次々に発表された。「Xbox」の勢いは留まるところを知らず、このまま不調の『PlayStation5』にトドメを刺してしまうのかもしれない。


『Xbox』ユーザー増間違いなし?

6月14日、『マイクロソフト』が主催するゲームイベント『Xbox & Bethesda Games Showcase 2022』が開催。発売を控えているタイトルや、これまで未発表だった新作の情報などが公開された。

中でも話題となったのが、2023年にリリースが予定されている『Starfield』のプレイ動画。『The Elder Scrolls V: Skyrim』や『Fallout』シリーズなどで知られる『ベセスダ・ソフトワークス』の新作ということで、世界中から注目を浴びている。

しかし、「ベセスダ・ソフトワークス」の親会社である『ゼニマックス・メディア』は、2020年に「マイクロソフト」によって買収。それを受けて「Starfield」の対応ハードは今のところ「Xbox」とPCのみとなっており、競合ハードである「PS5」向けにはリリースされないようだ。

「Xbox」がマイナーハードである日本でも、「Starfield」の動画を見た人は購入意欲をそそられてしまった模様。《ベセスダの新作PSじゃ出ないよね…Xbox買うか…?》《ベセスダのStarfieldめっちゃ面白そうなんだけどっ! これはXbox買うしかないのか?》《スターフィールドのためにXbox 買うかな》《スターフィールド凄いな! 初めてXbox買うか…》といった声が続出している。


悲惨すぎる『PS5』の現状

さらに、イベントには『メタルギア』シリーズでお馴染みのゲームデザイナー・小島秀夫監督も登場。「マイクロソフト」のゲーム部門である『Xbox Game Studios』と提携し、新作を共同開発することが明らかに。ここから、「Xbox」独占タイトルではないかという説が浮上した。

一応、コジマプロダクションはツイッター上で《SIE様とも非常に良いパートナーシップを継続しています》とも説明していたが、新作の対応ハードについてはまだ明言されてはいない。

そして現在の「Xbox」の快進撃を語るうえで欠かせないのが、『Xbox Game Pass』の存在。発売直後の新作から過去の名作まで、さまざまなタイトルがプレイできるサ*クサービスなのだが、今年1月時点で加入者が2,500万人を超えるほどの人気となっている。

一方「PlayStation」でも、6月2日から『PlayStation Plus』をリニューアル。「ゲームパス」への対抗なのか、過去の作品数百タイトルが遊び放題になるプランを導入した。

とはいえ、そもそも「PS5」にはソフトやサ*ク以前にもっと大きな問題がある。それは、発売から1年半以上が経過しているにもかかわらず、未だに抽選販売を行っているということだ。

いつまでこの体たらくが続くのかは不明だが、この問題が解決されないのであれば、日本において「PS5」が「Xbox」に敗北する日も近いかもしれない。

https://myjitsu.jp/enta/archives/105348

【【ゲーム】『PS5』ついに『Xbox』にも敗北!?“約束された神ゲー”参戦で「Xbox買うか…」】の続きを読む


(ワシからのリダイレクト)
鷲(わし)とは、タカ目タカ科に属する鳥のうち、オオワシ、オジロワシ、イヌワシ、ハクトウワシなど、比較的大き目のものを指す通称である。タカ科にて、比較的大きいものをワシ、小さめのものをタカ(鷹)と呼ぶが、明確な区別はなく、慣習に従って呼び分けているに過ぎない。 鷲はその姿から鳥の王者とされ、信仰の対象
6キロバイト (838 語) - 2022年3月4日 (金) 17:39

1 風吹けば名無し :2022/06/29(水) 12:51:21.76 ID:MtPTAN+m0NIKU.net
鷹だよなぁ🦅

【【悲報】「1番かっこいい動物」、ついに決まるwww】の続きを読む


辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )は元読売テレビアナウンサー、元ニュースキャスター、シンクタンク経営者、YouTuber。報道局局長待遇解説委員長。妻は元読売テレビ報道局報道部記者で現・ラジオパーソナリティの西岡香、実兄は株式会社大阪綜合研究所代表で元住友ファイナンスエイシア代表取締役社長の辛坊正記。
64キロバイト (9,434 語) - 2022年6月16日 (木) 08:40

1 名無し募集中。。。 :2022/06/29(水) 18:42:43.52
辛坊治郎
今から40年前にタイでラーメン食ったら一杯10円だったんですよ
それから90年代の初めぐらいに一杯30円ぐらいになったんですよ
10年ぐらい前に行ったらですね一杯300円ぐらいになってて
今、ついにですね、どうも逆転したっぽいんです
これ・・・うーん・・・全世界的な目線からすると
どんどん貧しくなってんじゃえのこの国は
っていう実感がこの40年、海外を行き来してあるんです
当時のタイがそうだったように確かに給料も安いけど物価も安いから生活は出来るんだけど
どんどん国として貧しくなってる実感があるんです

【【悲報】辛坊治郎「日本はついにタイにすら負ける貧乏国になった」 韓国と比べるレベルにすらないことが判明】の続きを読む

このページのトップヘ