社畜ゲーマー速報

話題のゲーム、アニメ、漫画などに関する5chやTwitterの声をまとめています。

イカゲーム


鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本の大正時代を舞台に、主人公の少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風の剣戟奇譚。単行本(全23巻)の累計発行部
439キロバイト (77,323 語) - 2021年12月19日 (日) 16:30



1 風吹けば名無し :2021/12/21(火) 05:58:04.70

ワイは異常者かもしれん


【【悲報】ワイ、鬼滅もイカゲームも新海作品もまだ見てない。】の続きを読む


東京リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ、Tokyo Revengers)は、和久井健による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2017年13号から連載中。略称は「東リベ」、「東卍」。2021年には『東京リベンジャーズ』のタイトルで、テレビアニメ化、実写映画化、舞台化が行われる。
179キロバイト (30,781 語) - 2021年11月16日 (火) 11:01



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/28(日) 09:32:28.49

11/28(日) 9:05配信
ITmedia ビジネスオンライン

 流行先取りメディア「Petrel(ペトレル)」の運営を行うパスチャー(東京都港区)は、トレンドを予測するメディアとして独自に選定した「インスタ流行語大賞」、流行に敏感な10〜20代女性に調査した「部門別インスタ流行語大賞」を発表した。2021年インスタ流行語大賞ランキングは、1位が「47JIIMOTOフラペチーノ」(96%)だった。

 2位は「東京卍リベンジャーズ」(92%)、3位が「イカゲーム」(87%)、4位が「SHEIN」(80%)、5位が「セルフ写真館」(67%)だった。

 1位の「47JIIMOTOフラペチーノ」は、スターバックスコーヒーが日本上陸25周年を記念した、47の各都道府県の地域限定で全国一斉発売したフラペチーノで、それぞれの地域のバリスタから出てきたアイデアを元に商品化した。

 2位の「東京卍リベンジャーズ」は、週刊少年マガジンにて連載中の大人気漫画で、テレビアニメ化、実写映画化、舞台化が行われ今年最も盛り上がった漫画となった。

 3位の「イカゲーム」は、Netflixで配信されている韓国のサバイバルテレビシリーズで世界中で話題となり、今年のハロウィンでは「イカゲーム」の衣装で動画や写真をアップしているインフルエンサーも多くいた。

「部門別インスタ流行語大賞」芸能人部門ランキング
 10〜20代女性に調査した「部門別インスタ流行語大賞」芸能人部門のランキングでは、1位が「なにわ男子」、2位が「SnowMan」、3位が「JO1」、4位が「SixTONES」、5位が「杉野遥亮」だった。

 1位の「なにわ男子」は、ジャニーズ事務所からCDデビューした7人組グループで、デビューが決定してからTV出演も大幅に増えている。

 2位も、ジャニーズ事務所からデビューした「SnowMan」がランクインした。近年上位をキープし続け、インスタ女子からの人気の高さがうかがえた。ランキング全体でみても、新人アイドルグループが若者からの人気を集めていた。

YouTuber・TikToker部門ランキング
 YouTuber・TikToker部門のランキングでは、1位が「コムドット」、2位が「平成フラミンゴ」、3位が「東海オンエア」、4位が「クレイジーマグネット」、5位が「ジャにのちゃんねる」だった。

 1位の「コムドット」は、地元の友達で結成された男性5人組YouTuber。21年上半期に引き続き1位だった。

 2位の「平成フラミンゴ」は、TikTokからYouTubeに参入し、チャンネル開設約1年半で登録者が156万人を突破した女性コンビで、 息の合ったシンクロ会話が話題となった。

アーティスト部門ランキング
 アーティスト部門のランキングでは、1位が「JO1(ジェイオーワン)」、2位が「SnowMan」、3位が「SixTONES」、4位が「BTS」、5位が「なにわ男子」だった。

 1位の「JO1」は、11人組のグローバルボーイズグループで、サバイバルオーディション番組「Produce 101 Japan」から生まれた。デビューから約1年半で、熱狂的なファンを多く抱えている。

 このほか、ジャニーズ事務所のアイドルグループを中心に、韓国アイドルグループや韓国発のオーディション番組から誕生した日本人ボーイズグループのランクインが目立った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aadbc95757caf78d64506d468a5673a88940260a


【【速報】2021年の「インスタ流行語大賞」、3位「イカゲーム」、2位「東京卍リベンジャーズ」、1位は?】の続きを読む


Netflix, Inc.(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、カリフォルニア州ロスガトスに本社を置く、アメリカのオーバー・ザ・トップ・コンテンツ・プラットフォームおよび制作会社である。1997年にリード・ヘイスティングスとマーク・ランドルフによって、カリフォルニア州スコッツバレーで設
85キロバイト (10,414 語) - 2021年11月14日 (日) 08:37



1 名無し募集中。。。 :2021/11/17(水) 20:48:30.47

https://top10.netflix.com/tv-non-english.html

非英語の1位は断トツでイカゲームwwwwwww
10位にようやく鬼滅wwwwww


【【動画】netflixが集計方法を変えた新ランキングを発表!イカゲームは…】の続きを読む


16名が挑戦。うち13名が脱落した。 最終ゲーム 『イカゲーム』 ○△□の図形を組み合わせて描かれたフィールドを舞台に、攻撃側と守備側に分かれて競う対戦型ゲーム。フィールドの形がイカの絵に似ていたことからその名前がついたと言われる。韓国の子供たちの遊びの中でも特にハ
51キロバイト (7,684 語) - 2021年11月10日 (水) 11:03



1 ハニィみるく(17歳) ★ :2021/11/10(水) 08:51:24.21

Netflixシリーズのイカゲームの記録的な成功とともに、海外メディアでは韓流の成功要因を分析する記事が頻繁に掲載されていますが、韓国の大衆文化が海外で脚光を浴びるようになった主な要因が、韓国政府の支援政策という分析が数多くあります。はたして韓流の成功は政府のおかげなのでしょうか?

去る6日に韓流を取り上げたSBS8ニュース『ザ・スペシャリスト』の『イカゲームの成功は政府のおかげなのか?』で、韓流研究者として数えられるソウル大学校メディア情報学科のホン・ソクギョン教授を迎えた。この記事はインタビュー第2弾です。

(写真)

(出典 img.sbs.co.kr)

_______________________________________________________

┃韓流の成功は韓国政府のおかげ?

Q. オックスフォードの辞書に『韓流(Hallyu)』という言葉も掲載されたが、最近、海外のメディアで韓流の分析記事が数多く書かれています。ところが大半の記事では、韓国政府の政策を成功の主な要因として見ています。韓流関連の論文でも、そのような観点が多いと思います。どう思いますか?

A. 最近、韓国大衆文化の成功に対する理由を外国のメディアが数多く取り上げています。そのため現在、原因を探しています。そして韓国政府が懸命に投資と支援をして、輸出向けにして外国で成功したことという、最も容易でありえない理由をしきりに数多くのメディアで扱っています。さらに権威のある媒体ではGuardian(カディオン)、Economics(イコノミクス)、Foreign Affairs(ポリン オペオス)などでもそのように掲載しています。

文化というものが、物質的に投資しても結果は出ないということは全世界で知られています。投資してできることなら、ハリウッドから出ているもの全て成功すべきで、中国政府の支援を受けた中国の文化類が外国で最も成功すべきなのではないのでしょうか?違いますよね。それが分かっていて、なじぇ韓国に対しては政府の政策のおかげだと容易に信じてしまうのでしょうか。
_______________________________________________________
 
┃繰り返される『誤答』の理由は?

ある意味で、韓国が急速な経済成長をしたじゃあ~りませんか。そのため経済開発5か年計画や、経済発展に国家がいかなる役割をしたのか、外国でも色々と分かっているんですよ。韓国市場は小さいため輸出主導型に進むしかなかったのに、このような経済成長の論理を文化にまで適用してしまっているようです。ウリたちが文民政府を経て文化産業の重要性を強く強調し続け、政府もそのような方向で対外広報をしたのでその影響もあると思う。海外から出た韓国の学論文を見れば、単純に政府が支援して韓国の大衆文化産業が成功したことを書いた事例が確認できます。

だがしかし、かといって多くの外国メディアが相次いで韓国が政府主導的な文化産業を通じてここに至ったということは、韓国の文化的能力を本当に蔑むことであり、ある意味オリエンタリズム的な見方が反映されるのではないかと思います。韓国だけが文化産業の支援をしているのではなく、数多くの国が全部しているのに。このような話を海外の公館、の人たちや外信記者にすると、「分かった」と言います。ですが、このような態度が容易には変わらないようです。

ある意味、韓国が急速に成長して先進国の仲間入りを果たし、経済能力や技術的能力までは認めますが、文化的能力に対してはまだ認め難いということでしょうか。過去の植民地であり、戦争と貧困を経験して発展途上国だった国がいかなる他の地を侵略せず、このように急速に経済的に成功しただけではなく、全世界に文化を輸出する能力までエラれるのだろうか?このような質問を続けています。

(写真)

(出典 img.sbs.co.kr)


ソース:SBS(韓国語)
https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1006526872&

>>2につづく


【【韓国】イカゲーム、寄生虫、BTS・・・韓流の成功は政府のおかげなのか?】の続きを読む


『賭博黙示録カイジ』(とばくもくしろくカイジ)は、福本伸行による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で1996年から連載された。 続編として『賭博破戒録カイジ』(とばくはかいろくカイジ)、『賭博堕天録カイジ』(とばくだてんろくカイジ)、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『賭博堕天録カイジ
205キロバイト (31,041 語) - 2021年11月5日 (金) 08:58



1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/11/10(水) 07:55:47.782

完全に韓国の勝ち


【【なぜ】カイジが流行らずイカゲームが流行った理由】の続きを読む

このページのトップヘ