社畜ゲーマー速報

話題のゲーム、アニメ、漫画などに関する5chやTwitterの声をまとめています。

遊郭編


鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本の大正時代を舞台に、主人公の少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風の剣戟奇譚。単行本(全23巻)の累計発行部
451キロバイト (79,981 語) - 2022年3月3日 (木) 10:27



【【悲報】『鬼滅の刃』、今度こそ完全にオワコン 遊郭編盛り上がらずグッズもダダ余り・・・】の続きを読む


鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本大正時代を舞台に、主人公少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風剣戟奇譚。単行本(全23巻)
451キロバイト (79,956 語) - 2022年2月20日 (日) 10:39



1 風吹けば名無し :2022/02/20(日) 20:02:03.44

申し訳程度にちょろっとでてきたけど
ド派手柱でよかったのでは


【【アニメ】鬼滅の刃の遊郭編で出てきた柱って音要素あったんか】の続きを読む


鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本の大正時代を舞台に、主人公の少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風の剣戟奇譚。単行本(全23巻)の累計発行部
451キロバイト (79,956 語) - 2022年2月20日 (日) 10:39



【【悲報】鬼滅遊郭編CM「うぉにぃぢゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!」←これやめろや】の続きを読む


アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事ではとくにことわりがなければ主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述している。
111キロバイト (15,833 語) - 2022年2月16日 (水) 16:08



1 朝一から閉店までφ ★ :2022/02/18(金) 18:09:15.17

堀井憲一郎コラムニスト
2/17(木) 19:14





『鬼滅の刃』遊郭編の最終話は少し長かった

(『鬼滅の刃』のネタバレしています)。
アニメ『鬼滅の刃』の遊郭編が終わった。
最終話(遊郭編11話、通算44話)はいつもより少し長かった。
鬼の最期を丁寧に描いていたからだろう。
『鬼滅の刃』では、鬼滅隊に倒され、消滅しつつある鬼が、人間だったときの記憶を取り戻すことがある。
たとえば、珠代さんの邸で戦った「朱紗丸」は、消滅する間際に、幼い子供のように「ま…り…、遊…ぼ…」と呟いて消えていった。
また、那田蜘蛛山の累は、消え去る前に、本物の父と母が自分との絆を大事にしていてくれたことをおもいだす。
とても切ない瞬間である。
『鬼滅の刃』という作品に強く惹かれる部分でもある。





鬼の過去が明かされる理由

ただ、すべての鬼が、消滅するときに、その悲しい過去をおもいだすわけではない。
無限列車になりすましていた魘夢(えんむ)は、負けたことをただ悔やみ、炭治郎たちを恨みながら、崩れていった。
それぞれの鬼キャラクターには、もともとの細かい過去設定があるのだろう。
ただ、それが露わにされるのは、話の流れのなかで「語るに足るもの」である場合に限られているようだ。




猗窩座の最期が描かれるのは2024年か
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://news.yahoo.co.jp/byline/horiikenichiro/20220217-00282564


【【特集】 『鬼滅の刃』アニメ遊郭編 強敵の鬼「妓夫太郎」とは何者だったのか】の続きを読む


鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本の大正時代を舞台に、主人公の少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風の剣戟奇譚。単行本(全23巻)の累計発行部
452キロバイト (79,903 語) - 2022年2月16日 (水) 09:03



1 風吹けば名無し :2022/02/16(水) 18:12:16.45

正直に


【【アニメ】鬼滅の刃 遊郭編の正直な感想教えて】の続きを読む

このページのトップヘ